(順次追記)中国旅行の記録まとめ・上海、西安、鄭州、洛陽、開封、南京 中国古都めぐり(泊まったおすすめホテル、行き方など)【2018年9月】

中国旅行に行ってきました。
訪問した都市は「上海、西安、鄭州、洛陽、開封、南京」

中国をなんとなく半分横断したレベルの大移動です。
8日間で6都市、日本-中国の国際線もあります。
2日つぶれます。

ですから、1日1都市
都市間の移動もあります。

そのため、バタバタです。
スケジュールがタイトになってます。

粛々と当初のスケジュールを守りつつ、自由に動く旅になりました。

中国旅行・出張の準備

中国旅行時にGoogle検索, Gmail, Instagram, Facebookを使う2つの方法「プリペイド香港SIM」「VPN付レンタルWiFi」(体験談あり)

中国では、Google検索, Gmail, Instagram, Facebook , Twitter、そして、重要なグーグルマップが使えません!

そのための対策を旅立つ前に打っておかないとダメです。
中国でのグーグル、Facebook、インスタグラム利用のために。

中国旅行時にGoogle検索, Gmail, Instagram, Facebookを使う2つの方法「プリペイド香港SIM」「VPN付レンタルWiFi」(体験談あり)

2018.09.15

中国を旅して感じたこと・考えたこと

中国語知識ゼロの日本人が中国半横断の旅して感じたこと・考えたこと。

海外投資の投資先としての中国はどうか?

中国での移動は中国高速鉄道(新幹線)、バス、タクシー、そして滴滴出行。

【保存版】中国高速鉄道(新幹線・CRH)のチケット・乗り方・座席まとめ。駅での切符受取も中国語ゼロで大丈夫。

今回、中国を半分くらい横断するような移動しました。
移動は基本、中国高速鉄道(新幹線)でした。

中国高速鉄道(新幹線)は乗り方にコツが必要です。
コツをまとめてみました。

【保存版】中国高速鉄道(新幹線・CRH)のチケット・乗り方・座席まとめ。駅での切符受取も中国語ゼロで大丈夫。

2018.09.19

上海

出発地は福岡。
そこから、佐賀空港に行きます。

春秋航空国際線(佐賀⇔中国・上海)搭乗して、レビューしました

春秋航空で佐賀-上海便で、中国・上海浦東国際空港に到着です。

実際、乗ってみますと、春秋航空はLCCですが、普通にいいですね。
機内食やサービスを期待しなければ、問題ないです。
純粋に移動手段としては、いいですね。

ただ、時間ロスが色々多いので、それが嫌な場合はレガシーキャリアですね。

春秋航空国際線(佐賀⇔中国・上海)搭乗レビューです。

春秋航空国際線(佐賀⇔中国・上海)搭乗レビュー。手荷物のサイズに注意!

2018.09.16

上海の市区人口は2500万人。
世界的トップクラスの大都市。

上海の街なかをぶらつく

中国でも、無印良品なんかも展開されているみたいです。

西安

春秋航空 中国国内線(中国・上海⇒西安)搭乗レビュー。中国語ゼロで中国大陸を行く

上海は実は乗り継ぎ都市でして。
上海虹橋空港から、7:10発の早朝便で西安に。

西安着は9:45。
飛行機で2時間35分なので、なかなか遠い。

春秋航空 中国国内線(中国・上海⇒西安)搭乗レビュー。中国語ゼロで中国大陸を行く。

2018.09.17

西安の市区人口は650万人。
大都市。

鄭州

西安を11:03発の中国高速鉄道で出発。
2時間くらいの旅路。
新幹線で2時間といえば、まあまあな距離か。
13:12に鄭州に到着。

鄭州の市区人口も640万人。
大都市。

洛陽

宿泊は前泊と同じく鄭州。
中国高速鉄道で洛陽に。

鄭州-洛陽は近く、新幹線で20分くらい。

洛陽の市区人口は215万人。
大都市。

開封

鄭州-開封も近いです。
12:04に鄭州東駅を出発して、12:24に開封北駅に。

開封の市区人口は90万人。
そこそこの大きな都市。

南京

開封-南京間は3時間くらい。
11:45に開封北駅を出発して、14:43に南京南駅に。

南京の市区人口は900万人。
世界的に大都市。

実は古都めぐりは、空海の旅程ルートに近い

空海は弘法大師とも呼ばれる真言宗の開祖
中国より真言密教をもたらした方です。

日本の歴史上の人物として、知られています。

生まれが774年。
没年が835年。

ですから、ざっくり1200年くらい前の方ですね。

遣唐使の一員として、最澄などと共に入唐します。
804年に西安(当時は長安)に入りました

そこで、唐の長安・青龍寺の恵果和尚に師事します。
密教の奥義を伝授されまして、日本へ帰国することとなります。

それで空海が西安(長安)を経て日本へ帰国するルート
これは古都のルートでもあります。

ですので、僕が立ち寄った複数の寺院などで、空海の銅像がありました

1000年以上前でも、今でも同じですが、陸路ですと、都市をつないで移動していく必要があります。
都市間でないと、移動手段がないですし。
食料など、そういう生命線もありますし。

そういうわけで、古都めぐりですと、空海の旅程ルートに似てくるわけです。

1200年前に空海が旅したところを歩く。

そんな旅にもなりました。

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:238,000円 (2018.09.19) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>