お金を蓄積させる3つの習慣とメモ【適宜、加筆】

「豊かさの度合いは、欲望と支出が収入に対してどういう関係にあるかで決まる。
もし10ドルでも豊かだと感じ、ほしいと思うものは全部持っているなら、彼は本当に豊かなのだ」
― ジョン・D・ロックフェラー(史上最大級の大富豪)

1.個人的な帳簿をつける

個人的な出費をすべて記録する。
自分個人の財務諸表を作成し、日々の支出について記録する。

石油事業で史上最大級の大富豪となったジョン・D・ロックフェラーは自分自身の個人的な帳簿を持っていた。
また、ロックフェラーは、自分と同じように自分の子供に対しても小遣い帳をつけさせ、浪費や無駄遣いを抑制していた。

2.モノは極力買わない

結局、その場の勢いやノリ、衝動、欲望などに駆られて、買ってしまうケースが多い。
よく考えてみると、それほど必要ではなかったモノを買ってしまうパターンは数えきれない。

よく考えたはずでも、実際にはほとんど使わなかったモノも多い。
書籍でさえ、そのようなケースが多かった。
モノを極力買わず、買うにしても本当に価値があるのか、実際に使うのかを一呼吸置いた上で決めるべし。

3.本は図書館を最大限活用する

本は、なんだかんだ言ってお金がかかる。
これまで数千冊、本を買ってきたが、遣いすぎた感もある。

あるとき、倹約について学ぶと、図書館に行くことが勧められていたため、図書館に行ってみた。
すると、意外に品揃えがよく、さまざまな未読書があり、素晴らしいことに気づいた。

また、大学図書館は、貴重な本や雑誌がたくさんあり、非常に価値が高い。
そして、あるとき、「大学図書館と比べるとどんなに頑張っても、この規模を保つことはできないし、その意味もないだろう」ということに気づいた。

だから、本を買うことが極端に減った。
資料も必要な分をコピーすれば、格安である。

ただ、新刊本や重要な書籍は、購入するほうがいいケースも多い。
そのため、本の支出は減るが、ゼロにはならないことと思う。
これにより、莫大な支出を節減することができた。

「バビロンの大富豪」の教訓 ジョージ・S・クレイソン(著)

収入の十分の一以上を堅実な投資に回せば資産家になれる
生活を見直して無駄な10%を現金として残す

日本マクドナルド創業者、故藤田田の「こうすれば1億円が貯められる」

昭和26年から昭和56年まで、毎月5万円からはじめて10万円平均、欠かさず貯金した。
その結果、預金通帳の30年後の残高が、1億2,400万円になっていた。

「最初の10年間は毎月5万円ずつ貯め、次の10年間は毎月10万円ずつ貯め、最後の10年間は毎月15万円ずつ貯めなさい」

30年間、毎月平均10万円ずつ貯める。

藤田田氏のケースで言えば、25歳くらいから始めたので、

25歳から35歳までは、毎月5万円ずつ。
35歳から45歳までは、毎月10万円ずつ。
45歳から55歳までは、毎月15万円ずつ。

それを用いて、信用をつけることにするか、株式や不動産に投資して資産家になるかは自分次第。

大富豪ジョン・テンプルトン(Sir John Templeton)が富を築いた方法

週に50ドル稼ぐのがやっとだった時代から、テンプルトンとその妻は「まず自分自身に」収入の50パーセントを支払い、その上に寄付までしていた
そして、彼は億万長者になった。

ロス・ペローの父親の言葉

『何かを所有したい、と楽しみにしているときの方が、実際に手に入れたときよりも楽しいのだ。
一度手に入れれば、それはそこにあるだけだ』

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:310,760円 (2018.10.18) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>