ビジネスと人生についておぼえておきたい小話4選

ある科学者の一生

  1. 自分が入れる一番いい大学に行き、入れる一番いい大学院に進む。
  2. できれば名門の研究所で学位取得後の特別研究員として勤務する。
  3. さらにどこかの大学に移って准教授の職を得、がむしゃらに働いて何か華々しい研究成果を上げ、多くは別の大学で終身雇用の職を得る。
  4. その間には論文を発表しまくるようにする。
  5. 会議に飛んで行って研究発表し、科学界の大スターにつきまとって認めてもらおうとする
  6. period

あるサラリーマン(男性)の一生

  1. 自分が入れる一番いい大学に行き、一番いいと思われる企業に就職する。
  2. 企業内か、関係者のつながりで出会った女性と付き合い、結婚する。
  3. 30代で、自分が支払える最大限の金額の家を35年ローンで買う。
  4. 子供を育てながら、がむしゃらに働いて、出世できるだけ出世する。
  5. 退職金を使ってローンを完済。
  6. 仕事人生が終わった後、空虚な時間を何かで埋めてすごす。
  7. period

邯鄲の夢(一炊の夢)

呂翁という道士(仙人)が邯鄲(かんたん)の茶店で休んでいると廬生(ろせい)というみすぼらしい身なりの若者がやってきました。

廬生は呂翁に、延々と僅かな田畑を持つだけの自らの身の不平を語りました。

やがて廬生は眠くなり、呂翁から枕を借りて寝ました。

すると、名家の娘を嫁にもらい、官吏となり、みるみる出世して、 ついには首都の長官となり、またその上の位につくまでになりました
しかし、時の宰相にねたまれ、左遷されたが、その後、しばらくして宰相となることができました。
それからは善政を行い、賞賛されました

そのような栄華の絶頂のとき、突然、逆賊として捕らえられました
無実の罪によってでした。

彼はため息をつきながら妻子に言いました。

「私の田舎の家には、わずかだが良田があった。
そこで百姓をしていれば、それで寒さと餓えはふせぐことができたのに、なんで仕官をしてしまったのか。
今こうなっては、昔、ぼろを着て邯鄲の道を歩いていたころのことがなつかしい。
しかし、今はもうどうにもならないのだ」

廬生は刀を取って自殺しようとしましたが、妻に止められて未遂に終わりました。

数年して天子はそれが冤罪であったことを知り、廬生を呼びもどして彼を寵愛しました。

そうして、廬生は栄華を極め、国王にも就き、五人の子はそれぞれ高官に上り、 天下の名家と縁組みをし、たくさんの孫を得て彼は極めて幸福な晩年を送りました。

しかし年齢には勝てず、廬生はついに死去してしまったのです。

盧生があくびをして目を覚ますと、そこは邯鄲の茶店でした。

傍らには呂翁が座っていました。

茶店の主人は、盧生が眠る前に栗粥を煮ていたが、それもまだ出来上がっていないのです。

盧生は今までのことが夢だったと知って、しばらく憮然としていたが、やがて呂翁に感謝して言いました。

「栄辱も、貴富も、死生も、人生の栄枯盛衰すべてを知ることができました。これは先生が私の欲をふさいでくださったのですね。」

呂翁に深々とお辞儀をして立ち去っていきました。

僕らは冷たい天国に住んでいる

「冷たい天国」とは、これで十分だという到達点、満足できる点が、存在しないことで起きる状況のこと。

目標設定のメリットは、「どこまで行けば、目標を到達することができる」ということが明らかなことです。

一方で、本当に価値のあるものは、目標や基準が明確でない場合が多い

たとえば、愛する人と過ごす時間や、子供と遊ぶ時間、友人との会話などは、合理的・具体的に設定することのできる目標は少ない。 どうなれば幸せなのか、どうすればもっといい人生を生きられるのか、どうなれば満足なのか。

『スティーブン・スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』の結末に胸を打たれるシーンがあります。

シンドラーに命を救われたユダヤ人労働者たちが集まって、解放軍を逃れて出奔しようとしている彼に礼を言うシーンです。
ユダヤ人一同の感謝を喜んで受けるどころか、シンドラーは動揺し、涙を流しながら、友人に向かってこうささやく。

「この車。なぜ私は車を売らなかったのだろう? 売っていたら、あと10人は救えた。 あと10人・・・もっとたくさん救えたのに」

それは、終わりのないプロセスであり、到達点はないに等しい。
がんばって、がんばって行けば、天国に行くことができるのかもしれないが、同時にそこは冷たい場所であるのでしょう。

僕たちは、日本という先進国にいて、厚い社会福祉と保護、社会的な豊かさ、高度な社会資本を享受することができています。

世界の別の場所では、同じときに、飢餓に苦しみ、虐殺される人たちもいるのに。

そう。

僕らはすでに、冷たい天国に住んでいるのです。

しかし、たとえ、冷たい天国から逃れられないとしても、もっとよくしたいという気持ちを失ってはならないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:310,760円 (2018.10.18) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>