【株式投資実験:2018/07/22】13,000円を投入。貯蓄→投資のペースを早める。

2018年7月1日よりスタートしました「株式投資リアルタイム実験」。

詳細はこちら。

【研究1】『株式投資実験』株式投資リアルタイム実験をスタートします/理詰めで純資産1億円への具体的方法を公開実験してみた

2000.01.01

短くまとめると「株式投資リアルタイム実験とはその名の通り、リアルタイムで実際のお金(リアルマネー)を使って、株式投資で資産形成できるかどうかを実験するもの。貯蓄と投資で1億円を目指します!」です。

13,000円を追加投入です!

手元のお金から13,000円を入金してきました。

これまた微妙な数字だと思われるかもしれませんが、それなりに理由がありまして、この金額になっちゃいました。

個人的な理由であって、何か意味合いがあるわけではございませんので。

今はできるかぎり、この「株式投資リアルタイム実験」の証券口座に入金できないかなー、と考えてます。

機会あるごとに、入金していくことができれば。

資産形成の最重要事項は「貯蓄+投資」です。

わずかでも、少しでも。

一歩でも、目標に近づいているとわかると、安心するというか、前向きな気持ちになりますね。

投資資金を増やしていくという習慣が大事です。

ただ、まだ18,000円では投資先もありません。
株式投資しなければ、資本が増えることはありません。

やはり最優先すべきは種銭、元本を蓄積し、投資に回すことです。

ただひたすらに貯蓄をしていく、投入資金を増やしていくということが大事なフェーズです。

株式投資リアルタイム実験・報告 2018/07/22

【2018.07.22時点の資産総額】株式投資実験

[実績推移]
時価総額:18,000円
年初比:0円
投入資金総額:18,000円
設定来リターン:0円(0%)

[ポートフォリオ:保有銘柄0銘柄]

なし

[資産内容]
株式:0円
預り金:18,000円(100%)
合計:18,000円

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:238,000円 (2018.09.19) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>