【東京-福岡間の高コスパルート】お得な移動手段/交通機関は「Peach」で成田-福岡。

東京-福岡間の移動手段で、最もポピュラーなのはANAやJALといったレガシーキャリアを使うルート
羽田空港-福岡空港で、移動時間も短く便利。

ANAJALの他に、スターフライヤースカイマークなども、この路線に含まれます。
単純に早い段階で予約を取ると安くなります。

また、宿泊パッケージでANA旅作なんかで買うと、かなり安く移動できます

個人的にはANA旅作のパッケージツアーで福岡-東京間をかなり移動していた人間としては、それが安いんだと思ってました。

今はやっぱりLCCでの移動が格安

でも、現在ではLCC(ローコストキャリア)の発達によって、もっと安い手段が出てきました。

かつて、エアアジアなどのLCCが出始めのときに、福岡空港-成田空港の路線で移動したことありました
その頃は、本当に出始めということで、未成熟でした。

成田からの移動もいまいち

色々と不便なことも多かったので、

「これはないな・・・」

と思った記憶があります。

それからかなりの時間が経ち、LCCでの移動手段を体験してみました。

そうしますと、、、全体的なルートが確立・発達していて、満足いくレベルでした。

これはLCCで移動する人が本当に多くなったからでしょうね。

主要な移動手段としての地位を確立したというところでしょう。

東京駅八重洲口から「The アクセス成田」で移動

東京駅八重洲口のバス乗り場は行列・・・

13:50発の「The アクセス成田」で東京駅八重洲口から、成田空港へ移動。
1,000円です。

「THEアクセス成田」で成田空港-東京駅間を移動するメリット

銀座駅・東京駅-成田空港間の移動だと電車という方法もあります。
ただ、電車ですと、費用的にちょっと高いのと同時に、そこまで時間的に早くなるわけではないです。

なので、バス移動がおすすめ
そのなかでも「THEアクセス成田」で成田空港-東京駅間を移動がおすすめ

その理由は以下の3つです。

  1. チケットがいらない。
  2. 直接バス停から乗車できます。

  3. トイレがあります。
  4. 同じバスでも、トイレのないバスもあります。移動中にトイレしたくなると困ります。

  5. ICカードが使える。
  6. 交通系ICカード(SUICAなど)が使えます。便利です。

15:00くらいに到着しましたので、1時間ちょっとですね。

LCCは早めに手続きしないといけないので、16:55発のpeach(ピーチ)フライトですが、13:30くらいには東京駅ですから、まあ半日はロスしてしまう計算です。

まあ、金額が安いので、時間ロスはしょうがないのかな、と思います。

peach(ピーチ)で成田-福岡へ

チェックインはオンラインチェックインもないので、みなさん全員がチェックインマシンに並ばないといけません

そういうわけで、長蛇の列・・・

まあ、回転は速いので、そこそこすぐに手続きできました。

行列は行列なので、ギリギリに行ってしまうとやばいのではないか、と。

peach(ピーチ)の機内

19:10くらいに福岡空港に到着しました。
ほぼ定刻ですね。

トータルで見ますと、格安に東京-福岡間を移動できましたので、満足です。

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:310,760円 (2018.10.18) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>