ICHINICHI宿泊記【赤羽・東京のホテル】デザインリノベーションのゲストハウス・ホテル。階段だけ△だが、アリ!

東京に一週間ほど滞在ということで、単なるビジネスホテルにだけ宿泊するのもつまらない・・・

そういう気持ちで、色々と模索していました。
そんななかで、『小さなホテル&ゲストハウスのデザイン』という書籍と出会いました。

『小さなホテル&ゲストハウスのデザイン』パイ インターナショナル (編集)からホテル選びをしてみる【デザインホテル選び】

2018.07.17

そのなかにあった、価格も手頃なホテル・ゲストハウスである「ICHINICHI」に目星をつけて、宿泊してみました。

実際に宿泊してみて、どうだったのでしょうか?

ICHINICHIの概要

ICHINICHIは赤羽駅から徒歩6分程度の商店街のなかにあるビルをリノベーション(改装)してつくられたホテルです。

ドアの付いている、閉じられる客室もあります。
今回はこの「ICHINICHI」の特徴となるようなデザインの小部屋に宿泊しました。

運営は本当にスモールな感じ

ICHINICHIは本当にスモールな感じで運営されていて、大手やきちんとしたサービスをお求めの方には向いてないかもしれません

僕はそういうところに寛容なので「オーケー、オーケー」という感じで気にしません。

具体的には、ICHINICHIに到着したときのこと。

ICHINICHIに到着したとき
2人くらい人(男女)がいたので・・・

竹内「竹内と申しますけど・・・」

男「いや、あの僕らも待ってて、、、スタッフじゃないんですよ」

竹内「(恥)すいません。スタッフの方は・・・?」

男「いないみたいなんですよね・・・。僕らも待ってて・・・」

その後、数分してスタッフの方がエントランスに来てくださいました。

僕は気にならないんですが、気になる人には気になるかな、、、と。

実際のところ、建物の動線がやたらと長いので、スタッフの方が気づくにも、移動するにも時間がかかってしまうので、多少は致し方ないところもあるかな、と思います。

ICHINICHIの特徴はリノベーションホテルというところです。
木(OSB※)を使って宿泊する小部屋・ブースをつくっていまして、大変おしゃれにつくってます。

※OSBとは・・・
オリエンテッド・ストランド・ボード(Oriented Strand Board)は、薄い削片状にした木片(Strand)を配向(Oriented)させて積層、接着剤で高温圧縮した木質ボード。

ICHINICHIの部屋

実際にICHINICHIの部屋を見てみましょう。

特徴的なリノベーションと木(OSB)やシナランバーなどの木質建材をうまく活用したデザインになっています。
ラフな素材をうまくつかったオシャレデザインと言えます。

実用上は入り口に垂れ幕があるだけですので、音はやはり漏れます
ですので、耳栓は必須です。
ICHINICHIは洗面所に耳栓が置いてありましたので助かりました

前泊は「ナインアワーズ赤坂」。
部屋で荷物を広げるということができませんでした。

ナインアワーズ赤坂(9h) 宿泊記【赤坂・東京のホテル】デザインカプセルホテルはアリ!

2018.08.17

ICHINICHIでは部屋のスペースはそこそこ広いので、部屋で荷物を広げて整理することができました。

ただ、セキュリティボックスが小さく、セキュリティには難ありかと。

ランドリーは家庭用洗濯乾燥機がおいてあって500円。
ただ、1機しかないので乾燥まですると時間がかかりますから、誰かが使っていたら無理。
長期滞在のときの洗濯はなかなか難易度が高いですね。

ICHINICHIのバスルーム

ICHINICHIのバスルームは共同シャワーブースになります。
シャワーブースそのものは2箇所。

特に不便に感じることはなく、よろしいのではないでしょうか。
ただ、男女別ではないので、女性の方は気になるかもしれません

ICHINICHIの価格

ICHINICHIの今回の宿泊価格は5,000円です。

8月の東京ということで繁忙期であり、大体宿泊金額は1泊1万円もザラというなかで、5,000円はありがたいですね。

今回の宿泊予約も、Hotels.com経由です。
Hotels.com経由で予約すると、10泊で1泊無料になります。

ということは実質的にはさらに10%オフということになり、さらに安いわけです。ありがたいですね。
ちなみに前泊のナインアワーズ赤坂もHotels.com経由でした。
シークレットセールで30%オフ+10泊で1泊無料なので、なかなかお得です。

Hotels.comでICHINICHIの情報を見てみる

ICHINICHIのアクセス・詳細情報

ICHINICHI
住所:〒115-0045 東京都北区赤羽1-32-4
電話番号:03-3901-6661

まとめ

8月の東京ということでホテルはどこも高く、1万円も普通といった状況で1泊5,000円はなかなか安いです。
個人的には特に不満はない滞在ができたかな、と思います。

赤羽という立地も、都心から少し離れてはいますが、電車代も300円程度と安かったです。
下町という印象を受ける周辺環境ですから、そこで好き嫌いが分かれる可能性はありますね。

ICHINICHI最大のデメリット

最後にお伝えしておかないといけないのが、ICHINICHI最大のデメリットです。

それはエレベーターがないことです。

4階のブースだったので、外から戻ると4階まで階段を上がっていく必要があります。
また、シャワールームも2階なので、2フロア分、階段で往復しないといけません。
これが地味になかなかキツい。

そこだけはデメリットかな、と感じました。

あとは普通によかったです。

ICHINICHIに宿泊を検討されていらっしゃる方の参考になりましたら、幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:238,000円 (2018.09.19) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>