スタバの限定レア商品「ナイトロコールドブリューコーヒー」を体験!(福岡/スタバ)

スターバックスのなかでも全国で限られた店舗でしか販売していない超限定コーヒー。

それが「ナイトロコールドブリューコーヒー」です。

福岡市内で飲むことのできるスターバックス店舗のひとつ「スターバックスコーヒー 六本松 蔦屋書店」です。

【六本松TSUTAYA】六本松蔦屋書店(福岡市/書店・スタバ)で本にハマって4時間半!

2018.07.02

ナイトロコールドブリューコーヒーとは?

ナイトロコールドブリューコーヒーとは窒素(ナイトロジェン)を充填させた水出しコーヒーのこと。

スターバックスのコールドブリューコーヒーは熱を加えずに14時間かけてゆっくりと水で抽出したコーヒー。

それに窒素ガス(ナイトロジェン)を加えて、オーダーごとに専用機械から一杯ずつ提供するコーヒーなんです。

スターバックス公式サイトはこんな感じ。

コールドブリューコーヒーに窒素ガスを加えることで、まろやかな口あたりとクリーミーな味わいが生まれます。

スターバックス公式サイト

ナイトロコールドブリューコーヒーを注文してみた

ナイトロコールドブリューコーヒー、金額を見ると、561円(税込)

セブンイレブンのアイスコーヒー100円、180円(Lサイズ)をいつもたしなんでいる身としては、アイスコーヒー1杯にかけるお金としてはいささか高いのではないか、そう思わざるを得ない金額。

とはいえ、全国でも飲むことのできるスターバックス店舗は超限られています。

せっかくならば、ということで注文してみました。

店員さん曰く、カウンターの下のタンクに水出しコーヒーがあって、それを窒素を充填して出しているそうです。

特別な機械が必要なんでしょうね。
目の前で注いでくれる!

生ビールの機械みたいな専用のマシンを店員さんが動かしてコーヒーが出されます。

ナイトロコールドブリューコーヒーを飲んでみた

グラスに注がれたコーヒー。

なかなかおしゃれに見えます。

・・・一口。

「おっ、コーヒーっぽくない。かなりまろやか」

「口当たりもとろみみたいなのが・・・」

店員さん曰く「ビールっぽい」そうです。

たしかにそんな感じもしますね。

あとのほうでもまた、味が変わります。
いつもの濃いスターバックスのコーヒー。

スターバックスコーヒー 六本松 蔦屋書店の詳細

・スターバックスコーヒー 六本松 蔦屋書店の詳細データ
店名 スターバックスコーヒー 六本松 蔦屋書店
住所 福岡市中央区六本松4-2-1 六本松421 2F
時間 07:00-23:00

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:5,000円 (2018.07.10) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>