金陵リゾート南京ホテル 宿泊記【南京・中国】中国らしさが感じられるコスパ良ホテル!

中国・南京。
中国の古都めぐりをテーマのひとつとして、中国半横断の一人旅。

皇帝の墓・明孝陵があることからも明らかなように、南京もかつての首都です。
古都のひとつです。

そんな南京で宿泊したホテルは「金陵リゾート南京(Jinling Resort Nanjing)」です。

実際に宿泊してみて、どうだったのでしょうか?

短く表現すれば「中国らしさが感じられる高コストパフォーマンスの良質ホテル」でした!

金陵リゾート南京の概要


金陵リゾート南京は地下鉄「勝太路」駅まで徒歩10分と地下鉄でのアクセスも可能な南京のホテル。

個人的には結構、満足度は高いです。

理由は3つ。

「ぜいたくなつくり」「中国っぽいデザイン」「安くて、朝食付き」の3つ
です。

ポイント1.「ぜいたくなつくり」


地元資本が昔から運営しているホテルチェーンのひとつ。
元々、このエリアが別荘地でして、だから「リゾート」というネーミングに。

今は周辺が開発されて「どこがリゾート?」と思われるでしょう。
ただ、すぐそばに湖があり、たしかに個人の別荘がいくつも。

そういう背景があるので、デメリットは「経年劣化していること」です。

中国のホテルは新しいホテルが多いので、きれいなことが多いです。
このホテルは昔からあるので、その面では経年劣化しており、ほかのホテルに負けます。

反対に魅力は「ぜいたくなつくり」です。

昔の別荘地で、地価が安い時期に建築されていますから、今では考えられないような広い敷地に、低層の建物と今では難しいぜいたくなつくりをしています。

まず、敷地内の中心に湖をつくっています。
その湖と庭園を囲むように2階建ての低層建物がホテルになります。

そのため、客室へはまあまあ歩きます。
ちなみに建物にはエレベーターはありません

ポイント2.「中国っぽいデザイン」

個人的に魅力があったのが「中国っぽいデザイン」

これまで宿泊したホテルはほとんどが外資系・欧米系がマネジメントしているホテル。

そのため、中国にはあるのですが、モダンインテリアで、たしかに高級なのですが、中国っぽい雰囲気を醸し出しているところは少ない

プルマン開封建業はすごいよかったホテルです。

ここは有名なデザインユニットLTW Designworksがデザインしただけあって、中国っぽいテイスト、チャイニーズモダンなインテリアデザインでした。

プルマン開封建業【開封・中国】開封のベストホテル認定!超おすすめ!

2018.09.29

たしかに素晴らしいのですが、オーソドックスな中国ではなく、中国テイストを洗練されたかたちで取り込んだデザインです。

その点、この金陵リゾート南京は昔からあった中国デザインが入っています

そういう意味で、ナチュラルな中国デザインが感じられてよかったですね。

金陵リゾート南京のお部屋


お部屋はなかなか広いです。


年数が経っているので、宿泊費が安い反面、経年劣化によるところは大きいです。

僕はあんまり気にならないのですが、気になる方もいらっしゃるかな、という点もあります。

金陵リゾート南京のバスルーム


バスルームはバスタブ付き。


まあ、いろいろと経年劣化しているところはありますから、
新しくきれいなホテルがよろしい場合は中心市街地の新築ホテルをおすすめします。

洗面も元々、高級リゾートホテルの設定で建築されているようで、なかなかよさそうなものを使っています。


シャワーブースはガラス張り。

金陵リゾート南京の庭園


朝方にホテル内の庭園を散策しました。


大きな庭園です。
中国の古典的な庭園を模してつくられているようで、とてもよいです

中国っぽい。

岩とか、石とか、中国っぽい。

金陵リゾート南京の食事


朝食付きなのがうれしい。

フロント・ロビーのところにあるレストランで朝食。

ポイント3.「安くて、朝食付き」

種類も豊富。

中国っぽい食事を好んでセレクトしてみました。

その場でつくってもらった麺。
パクチーをいっぱい。

なかなか美味。


個人的には素朴な味が好きなので、こういう具のない饅頭が好き。
ちなみにほんのり甘い。
具はないので。

ホテルの宿泊代は?

今回の宿泊代は8,176円
予約はHotels.comから。
Hotels.comなら10泊で1泊無料とか、10%オフとかやってますので、実質7,300円とかそれくらいです。

>>Hotels.comで金陵リゾート南京のお得な宿泊費を見てみる

金陵リゾート南京のアクセス


地下鉄「勝太路」駅まで徒歩10分。
タクシーや滴滴出行でも、ほどほどの金額で行けると思います。

ジンリン リゾート ホテル 南京
(南京湖濱金陵飯店)
Jinling Resort Nanjing
住所:中国南京江宁区佳湖东路8号
地図:

まとめ

3つのポイント「ぜいたくなつくり」「中国っぽいデザイン」「安くて、朝食付き」があったので、僕はなかなか満足でした

たしかに経年劣化をしていますから、気になる方は気になるかもしれません。

ただ、僕のよかったポイントに響く方なら、中国っぽい滞在ができるのでいいですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:238,000円 (2018.09.19) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>