鉄塔:1000年以上前の55m塔「天下第一塔」と呼ばれる中国最高級の塔【開封・中国】行き方、料金まとめ

中国の古都・開封。
11世紀から12世紀にかけて世界最大級の大都市でした。
東京開封府と呼ばれた古都(首都)
です。

ただ、実際の当時の街並みは黄河の氾濫によって地中に。
埋もれている街の上に明代の都市が出来上がりまして。

さらにそこも黄河の氾濫で地中に。
そうして、現在の開封がその上にできています。

なので、高層ビルを建てるのも難しいということで、発展が遅れているそう。

開封の観光スポットとして有名なのは「清明上河園」。
ただ、そこは実際は再現テーマパークなので僕は行ってません。
僕が行ったのは歴史的な価値のある「繁塔」と「鉄塔」「大相国寺」の3か所。
一応、龍亭公園も行ってますけど。

今回は「鉄塔」をご紹介!

鉄塔公園@開封の概要

開封にある鉄塔は1049年の創建。
1000年以上の歴史がある塔
です。

開宝寺塔とも呼ばれます。

高さは55m。
基礎部分はやはり黄河の氾濫で埋もれてしまっているそう。

レンガ造の仏塔
外壁に瑠璃レンガを用いていることで、錆びた鉄のように見えるので鉄塔と呼ばれているそう
このレンガにも、仏像などのレリーフがあって、凝っています。

鉄塔公園の入場料は40元(約660円)。

鉄塔にも登ることができて、ただし別料金。
鉄塔の登る料金は20元(約330円)。


「天下第一塔」つまり、中国最高の塔と呼ばれています。
これは現存する塔のなかで、一番高く、歴史が長く、きれいに保存されているからみたいです。

実際に鉄塔の内部を登ってみました

鉄塔内部はすごく狭いです。
大人一人が登るのがやっと。

僕のときは上に1人だけ登っている人がいました。
降りてきたときは、窓のあるところにスペースがあるので、そこで待機。

2人は通れません。

正直、きつい。。。

55mということで、なかなか高い。

ただ、途中も仏像などのレリーフがあったりと、芸術性が感じられて感銘を受けます。

1000年以上前の塔なので、数々の歴史的な人物もこの塔を登ったと考えると、なかなか思うところがありますね。

それで実際に登った感想としましては、、、

・・・・・すげーいい。

これはすごい。

この鉄塔が人気になったら、おそらくは登れなくなります。
もしくは人数制限でしょう。

行きかうことができないので。

今なら、あまり人気ないみたいなので、登れますので、どうぞ。

最上部には仏様がいます。

見晴らしもいい。

鉄塔公園までの行き方

僕は時間がなかったので、滴滴出行を使いました。
タクシーでもいいかもしれません。
バスも出ているようです。

ただ、タクシー代もそんなに高くはないので、
タクシーか滴滴出行でいかれることをおすすめします。

【滴滴出行(didi・ディディ)】中国語できない日本人におすすめの移動手段。タクシーでなく滴滴(ディディ)がおすすめな4つの理由。

2018.09.20

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:238,000円 (2018.09.19) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>