コートヤードバイマリオット鄭州イースト 宿泊記【鄭州・中国】ソツのない高級シティホテル

中国・鄭州
中国の古都めぐりをするには拠点になるような場所に位置しています。

鄭州自体も、商時代の首都でした。
洛陽、開封などのかつての首都もすぐ近くにあります。

鄭州は都市としても650万人都市。
周辺人口含めて1000万人都市圏。

さて、そんな鄭州市でどこに宿泊しようかと考えたときに、どういう選択肢があるでしょうか?

ちなみに僕は中国語はできませんから、そういう意味でも、英語が通じるところがいいな、と思いました。

そういうわけで、欧米の外資系ホテルが候補にあがります。

そのひとつが「コートヤードバイマリオット鄭州イースト」です。

オーソドックスな高級感あるホテル
清潔感あり、商業施設と一体。

家族連れでも安心感あるホテル。
はずれなし。

コートヤードバイマリオット鄭州イーストの概要

このホテルを選んだ理由のひとつが中国高速鉄道の駅である鄭州東駅へのアクセス

タクシーに乗っていったら、すぐそば8元(約135円)。
あまりに近すぎて申し訳なくなったので、次からは徒歩移動することに

ここも新興開発エリアっぽい。
ホテルに隣接して商業施設がいくつか。
週末だったので、イベントがあっていてにぎわってました。

建物が新しいので全体的にきれいでグレードが高い

中国のコートヤードバイマリオット名義のホテルはここまでで、上海虹橋西安北と宿泊してきました。

この鄭州東を含めて、どこもきれいで内装レベルも高いです。
コストパフォーマンスに優れたホテルと言えます。

ただ、バスタブがないです。
日本人だとバスタブ必須の方もいらっしゃるかと思います。

お部屋のグレードによってバスタブがある部屋もあるかもしれません。
ご確認ください。

もしくは、ホテル自体をもっと高級なところに変えるとかですね。

ちなみに鄭州市では、僕のベストホテルはJWマリオットホテル鄭州になります。
このJWマリオットホテル鄭州の客室にはバスタブありました。

コートヤードバイマリオット鄭州イーストのお部屋

これまでの中国のコートヤードバイマリオットのどれもが、落ち着いた内装、広さ、グレード感が高いです。

一人旅で泊まるホテルといえば、さすがに家族連れでの宿泊はおすすめできないみたいなホテルもありますけれども。

このコートヤードバイマリオット鄭州イースト含めて、どのコートヤードブランドも家族連れでもおすすめできます!!

それで、実際の客室を見てみますと、部屋は広いです。

全体として、同じくベージュトーン
落ち着いた印象を受けます。

ポイントで石を使っていたりするので、やはり高級感もあります。

コートヤードバイマリオット鄭州イーストのバスルーム

ガラス+シャワーのスタイル。
高級感あります。

この部屋はバスタブありません。


客室からの眺め。

コートヤードバイマリオット鄭州イーストの食事

客室のカウンターみたいなところにクーポン券が置いてありました。

「宿泊者限定。ホテル内レストランのディナーが普通は198元(約3300円)のところ、100元(約1650円)に」

・・・・・ここ、行こうかな。

ホテルを出て、ローカルフードのB級グルメを模索してもいいのですが、なんだかんだで、結構タイトスケジュールでいろんなところに行ってまして、疲れてますのでホテル内レストランに。

万怡軒(WANYI XUAN)なんて読むかはわかりません

ホテル内レストランの「万怡軒」に。
3階にあります。


198元だと高いですが、100元だったらお得感で行ってみたくなる、そういうのってありますよね?

ディナービュッフェ(バイキング形式)。

エビ、カニといった海鮮モノが定番らしく、たくさん。
それで、せっかくなのでたくさん食べました。

メニューのなかには地元料理(ローカルフード)みたいなやつも多々ありましたので、せっかくなので食べてきました。

意外に白身魚の辛み煮みたいなやつがおいしかったです。
地元料理みたいです。

デザートもなかなかおいしい。
ビュッフェだと、ついつい食べ過ぎちゃいますね。

コートヤードバイマリオット鄭州イーストの価格

今回の宿泊もポイント利用のため、無料

定価でも、1泊552元(約9100円)となかなかお安い

このお値段で、この内装、高級感、広さだったら、コストパフォーマンスはなかなか高いです。

コートヤードバイマリオット鄭州イーストへのアクセス

中国高速鉄道の駅・鄭州東駅から徒歩圏内。
歩いて10分くらい

タクシーだと、近すぎるイメージ。

鄭州駅からだと、タクシーで20-30分。
鄭州空港からだと、タクシーで40-50分。

中国高速鉄道の拠点と考えると、なかなか場所的にはよさそう。

■コートヤードバイマリオット鄭州イースト
住所:Building B No 77 Shangding Road, Zhengdong New District, 鄭州, 450000 中国

まとめ

全体的にソツのないオーソドックスな高級シティホテル。
満足度は高いです。

家族連れでも安心感あるホテル。
はずれはないですね。

しいてあげるならば、やはりバスタブでしょうか。
バスタブ問題はあるかもですね。

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:238,000円 (2018.09.19) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>