【滴滴出行(didi・ディディ)】中国語できない日本人におすすめの移動手段。タクシーでなく滴滴(ディディ)がおすすめな4つの理由。

中国語ゼロの一人旅

中国語が読めない、聞けない、話せない。
そういう中国語知識ゼロで、どうやって旅するか

それを模索しまして。

今はものすごく便利ですね。
スマホ(僕はiPhoneですが)があれば、なんとかなります

旅の移動といえば、タクシーが思い浮かびます。
ただ、タクシーですと、中国語でやりとりしないといけません

タクシーもそこそこ乗りましたが、英語がわかるタクシー運転手はゼロ
出稼ぎの方も多く、数字の計算さえあやしいレベル。

基本は土地勘もないので、スマホでカーナビしています。

ですから、やりとりはできません。
なんせ、僕は中国語できませんから。

でも、そんな僕でもスムーズに移動する方法があります

「滴滴出行(didi・ディーディーチューシン)」です。

【滴滴出行(didi・ディディ)】中国語できない日本人におすすめの移動手段。タクシーでなく滴滴(ディディ)がおすすめな4つの理由。

【滴滴出行(didi・ディディ)】は端的に言えば、中国版「Uber」です。
タクシー配車アプリとも言えます。

【滴滴出行(didi・ディディ)】は上海といった大都市だけでなく、人口90万人の開封市でも利用できました。
かなり広範囲に利用エリアがなっているみたいです。

おすすめな理由1:中国語わからなくても目的地にスムーズに行ける

これが最大のメリット。

「中国語わからなくても目的地にスムーズに行けます!」

ただ、ちょっとは英語がわからないと難しいかも。

滴滴出行(didi・ディディ)で移動する流れ
  • 【滴滴出行(didi・ディディ)】のアプリで、出発地点をピンで指示。
  • 目的地を検索して、設定。
  • あとは配車して、待つ(どこに車がいるかはGPSでわかる)。
  • 乗る。
  • 目的地に着く。

そんな流れになってます。

おすすめな理由2:メッセージのやりとりも英語に翻訳されて大丈夫!

連絡で電話とかかかってこられても、僕は中国語できませんから!
何言ってるかわからん。。。

でも、【滴滴出行(didi・ディディ)】なら大丈夫!

メッセージはきます

「ここで合ってますか?」
「今、向かってます」

みたいな。

中国語のメッセージとかわかるわけがない。

でも、大丈夫!

英語にメッセージが翻訳できる機能があるんです!

なので、バシッと英語で返信すれば、相手には中国語で伝わります。

なので、たぶん車内で中国語で話しかけられます

でも、わかりません。

「I don’t speak Chinese.」

って言えば、

たぶん相手は何言ってるか英語わからないと思うんですけれども、とりあえず「中国語わかんねーんだな、こいつ」ということは伝わりますので大丈夫!

目的地には無事つきます(ここが重要)

おすすめな理由3:ボッタクリに合わないですむ

基本的に【滴滴出行(didi・ディディ)】って、タクシーよりちょっとお高めの価格設定だとは思うんです。

でも、アプリ上で価格わかりますから、ボッタクリに合うことはないです。

僕は中国一人旅中にタクシーも7-8回くらい乗りました
まじめな人も多かったです。

でも、なかにはメーター倒さないタクシー運転手もいたりします
そういう場合は交渉らしいんですよ。

やれ「15元だ」「30元だ」「20元だ」「25元だ」みたいな。

正直、そういう交渉が好きな方もいらっしゃるかと思います。

でも、僕はただでさえ旅で疲れているのに、まったくわからない中国語で交渉するほどの気力は正直、ないです。

そういうやりとりもストレスになります。

ですから、明朗会計、価格もスマホでばっちりな【滴滴出行(didi・ディディ)】がいいです。

ドライバーとお金のやりとりを一切せずに移動できます。

【滴滴出行(didi・ディディ)】で何かあったら。ボッタクリとか。

【滴滴出行(didi・ディディ)】で何かあったら。
ボッタクリにあったら。

実際、僕は【滴滴出行(didi・ディディ)】に6回くらい乗りましたが、ボッタクリとかは合いません。
アプリで明朗会計なので。

でも、犯罪とか何かあったら「警察を呼ぶボタン」あります

で、トラブルっぽいことがあれば、評価システムがあります
ドライバーの評価を乗車後にできます。
ここで酷評するといいです。
評価下がるので。

おすすめな理由4:車がいつくるのかがわかる

タクシーでストレスになることのひとつが「タクシーを拾うこと」です。

道行くタクシーに手を振る。

そのタクシーは乗客いてスルーされるかもしれません。

また、そもそもいつタクシーくるのかわかりません。
タクシーが通る道路ならいいですが、そうともかぎりません。

いつタクシーを拾うことができるかわからない。

ストレスなんです。
僕にとっては。

でも、【滴滴出行(didi・ディディ)】なら大丈夫!

現在地設定をきちんとすれば(ピンをきちんと動かして現在地にすれば)、手配できた車がどこにいて、どれくらい待てばいいのかわかります!

GPSで手配できた車がどこにいるかがわかるのは安心です。

「今、ここらへんだから、もうちょいかかるな。どっかで座っておこう」

みたいな対処できます。
立ちっぱなしでタクシー拾う必要はありません。

喫茶店とかどこかに座って、スマホで【滴滴出行(didi・ディディ)】アプリいじって、車手配して、到着しそうになったら出て車に乗る。

みたいなことができます。

便利です。

細かいですが、車のグレードも選べます

細かいんですが、車のグレードも選べます。
Express、Premium、Deluxe

Expressでも、きれいな車でなかなかのセダンが多いです。

Premiumになると、高級セダンですね。静かで優雅です。

誰も英語は話せませんが、スムーズに移動できます。
後部座席にリクライニングがついてます。
ミネラルウォーターもついてきます。

Deluxeになると、メルセデスベンツとかになるみたいですが、上海とかの大都市でしか利用できないみたいですね。

【滴滴出行(didi・ディディ)】利用する前に注意点

【滴滴出行(didi・ディディ)】は中国語わからない日本人には絶対おすすめ。

でも、利用する前に注意することが。

事前にクレジットカード登録はしておくこと

事前にクレジットカードの登録をきちんとしておくこと。

僕の場合、中国国内でいろいろ検討したり、ググったりして調べて【滴滴出行(didi・ディディ)】に行き着きまして。

中国国内でバタバタしているなかで、登録してクレジットカード登録もして。

そういうわけで、無駄な支払いが出てきたり、ちょっとしたトラブルがあったんですね。

そういうのは、落ち着いて日本国内で処理しておけばいいだけの話。
ですから、事前にクレジットカード登録などはすませておくことをおすすめします

女性の一人旅だったら、やめておいたほうがいいかも

女性の一人旅であったら、やめておいたほうがいいかも。

中国でも問題になっていますが、女性が一人で乗っていたとき、レイプ殺人事件が起こっています。

GPSとか、スマホのデータとかあるので、犯罪してもすぐにばれると思うんですが。それでも、犯罪する人がいるみたいなので、ねらわれやすい女性の一人旅は要注意ですね。

まとめ

そういうわけで、【滴滴出行(didi・ディディ)】を利用できたおかげで、スムーズに目的地に行くことができました。

【滴滴出行(didi・ディディ)】に助けられたといっても過言ではないです。

タクシーだけだったら、結構ストレスがたまったり、ボッタクリに合ったりで、なかなか大変だったんじゃないかな、と思います。

なにより、タクシーだけだったら、目的地につけないですね。

意志疎通できないので、筆談で目的地に行ってもらう感じになってましたね。

筆談と言っても、日本人が書く漢字は中国の方は読めないです。
簡略化された漢字ですから、中国語に変換して書かないとだめです。
それが大変。

いちいち検索して、翻訳して、調べて、、、、みたいな。
そうやって目的地ひとつを伝えないといけません。

【滴滴出行(didi・ディディ)】なら、別に会話しなくても、住所入れて合っているかチェックして

間違ってたら、調べて目的地指定できればいいだけです。

ストレスは格段に違いますね!

おすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:310,760円 (2018.10.18) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>