オリエンタルラウンジ@マンダリンオリエンタル東京で優雅なアフターヌーンティーを堪能!【東京/アフターヌーンティー】

東京滞在の用件も、今回分はおおおむね終えまして。
多少時間的余裕があったので、ゆっくりとお茶でもしよう、と。

それで最高級ホテル・マンダリンオリエンタル東京にあるロビーラウンジ「オリエンタルラウンジ」に行きました

予約なしで「オリエンタルラウンジ」に行ったら、満席で入れなかった

特に予約もせずに行ったら、満席とのことで2時間後に予約をしました。
それで、2時間後に再訪。

アフターヌーンティーの客としては、最後の来店者となりました。
お客さんは一回転しているとは思いますが、満席状態
時期的に人が多いんでしょうか。

店内はカップルかファミリーか、女性客
やはり、アフターヌーンティーは女性向けのメニューなんでしょうね。

僕自身、この「オリエンタルラウンジ」はまあまあのリピーターでして。
これまで色々ございまして、そこそこ勝手知ったる感じです。

このブログを書き始めてからは、初来店ということで今回、ブログに書いています。

優雅なアフターヌーンティーを堪能!

再訪時は予約していましたので、スムーズにご案内いただきました。

アフターヌーンティーのメニューは夏ということで『ゴールデンファンアフターヌーンティー”サマー”』という名前で提供中

アフターヌーンティーでは、基本的にドリンク飲み放題となります。

“マンダリンオリエンタルブレンド”をアイスで

そういうわけで、最初のドリンクは僕のお気に入り“マンダリンオリエンタルブレンド”をアイスでいただきます。

“マンダリンオリエンタルブレンド”は柑橘系のフレーバーがするウーロン茶。
独特の香りで、心地よいお茶になります。

『ゴールデンファンアフターヌーンティー”サマー”』の内容

GOLDEN FAN AFTERNOON TEA “SUMMER”
■サンドイッチと各種セイボリー

・モッツァレラパールとスイカのガスパチョ
・蟹とグリーンスムージー トマトクーリー
・ハーブのクリスタル クレソンクリームのタルト
・キュウリのオープンサンド 夏野菜のラタトゥイユ
・サーモンのフリボリテ 茗荷の香り キャビア

■スコーン
・レモンスコーン
・ゴーダとグラナパダーノチーズスコーン
・クロテッドクリーム
・マンゴーのコンフィチュール レモンカード

■プティフール
・ラズベリーフィナンシェ
・パイナップルタルト
・コーヒーとキャラメルのムース
・マンゴーとライムのデニッシュ
・バニラのパンナコッタと柚子のゼリー
・パッションフルーツとマンゴーのチーズケーキ

アフターヌーンティーの価格は?

それでこのオリエンタルラウンジでのアフターヌーンティーの価格はおいくらでしょうか?

4,800円に15%のサービスチャージと消費税がかかります。
すべて合計しますと、5,961円です。

なかなかお高い金額になりますけれども、これら料理の原価や食器・カトラリーの原価、ホテル自体の維持費、設備投資金額を考慮に入れますと、まあ、それなりに納得のお値段というイメージです。

妥当な金額ですね。
設備投資金額が半端じゃない金額になっていますから。

たとえば、”マンダリンオリエンタルブレンド(ホット)”が提供されるカップ&ソーサー。
ブランドはRAYNAUDのものですが、定価は18,000円

正直、価格設定が高すぎな感も否めませんけれども、まあそれだけ高級品を食器として取り扱っているわけです。

まあ、お金かけてますよね。

オリエンタルラウンジの店内、食器・カトラリーをチェック

オリエンタルラウンジの店内をチェック。
さすがにマンダリンオリエンタル東京は最高級ホテル。

家具類はオリジナルだと思われますし、備品もかなりグレードの高いものを使っています。

フロアはローズウッド系の樹種の突板(つきいた)かシートのフローリング
カーペットのエリアもありました。

カトラリーは僕も愛用している”サンボネ(sambonet)”

sambonet(サンボネ)は、卓越した金細工職人のジョセフ・サンボネとその息子によって1826年にイタリアで誕生した創業190年の老舗テーブル・キッチンウェアメーカー。

洗練された上品なデザインと高い品質は、世界の一流有名ホテルやレストランで広く使用されており、数々のデザインアワードを受賞しています。

シェイプは特徴的な感じ。

食器類はおおむね”RAYNAUD”
前述の通り、”マンダリンオリエンタルブレンド(ホット)”が提供されるカップ&ソーサーはRAYNAUDのもので定価は18,000円。

アフターヌーンティーでお腹いっぱいに・・・

それでは実際にアフターヌーンティーを食べていきます。

スコーンがおかわりがあるということで、一回追加しちゃいました。

どれも上質

ひとつひとつ、きっちりつくりこまれている料理なので上質
どれも作る手間がかかっていそうなデザートばかりです。

ひとつだけを見ると、サイズが小さいので、量も少ないように思っていたのですが、意外にそれなりにボリュームがありました

すべて食べ終わると、お腹いっぱいに・・・

アフターヌーンティーは食事に準ずる喫茶習慣が元になっているということで、お腹いっぱいになるのもいたしかたない面もありますね。

オリエンタルラウンジ@マンダリンオリエンタル東京の店舗情報

オリエンタルラウンジ@マンダリンオリエンタル東京はもちろん、マンダリンオリエンタル東京のホテル内にあります。

住所:〒103-8328 東京都中央区日本橋室町2-1-1
電話番号:03-3270-8188

まとめ

マンダリンオリエンタル東京でのアフターヌーンティー。
6,000円くらいしますけれども、内容は充実。
デザートなどの質も高く、内装や設備、カトラリー、食器のグレードも最高級。

ハイエンドとしてのコストパフォーマンス(費用対効果)はとても高いです。

まあ、満足度が高いので、リピーターなんですが・・・

おすすめです!

オリエンタルラウンジ@マンダリンオリエンタル東京公式ページ

ABOUTこの記事をかいた人

竹内正浩・お金持ちの研究家。ブロガー。 九州大学経済学部卒。30数年福岡在住。 金銭面での母の苦労をきっかけに、学生時代よりビジネス書を2,000冊以上読むなどで「何があっても、自力で稼ぐ人になる方法論」を研究。 自らもビジネスの立ち上げを経験した後、30代で年収3000万円を実現した人300人を調査。それを一冊の本にまとめる( 『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人』(東洋経済新報社))。外面の良い引きこもり。海外旅行やホテル宿泊はお金をあまりかけずにマイル、クレジットカードを駆使してお得に、高コスパで実現するポリシー。 ・【詳細プロフィールはこちら】【人生でやりたい100のリスト】 【株式投資リアルタイム実験】資産総額:238,000円 (2018.09.19) <株式投資リアルタイム実験についてはこちら>